読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm in the moment

当分はプログラミングの勉強について書き連ねます…多分。。。趣味はキックボクシング、トレーニング、読書です。

Ruby学習で最初に買った本

なぜ本から始めたのか?

ただ単に、僕が本が好きやから。

セミナーも見たけど、仕事しながら通えんし何より高い

ホントそんくらいの理由です。(実はこの時点でもっと調べておけばよかった…)

あと余談ですが、紙媒体で買うと見ながら打ちにくいので電子書籍で買ってます。

iPhoneで閲覧しながら、パソコンの画面を触るの結構ラク。

 

最初に購入したRubyの書籍 

たのしいRuby 第5版

たのしいRuby 第5版

 

 

まずはいろいろググった中でオススメされてたのを買ってみました。

ただ、正直ソッコー挫折しました…

本当の初心者には少しレベルが高かったようです…

今はリファレンス用に重宝するのが想像できるんですが…

putsくらいは分かったんですが、何より使う場面が分からない。

「プログラミング」ではなく、「Webアプリ作成」がしたいと気付けたんでOKかと。

 

次に買う基準を決めた

  1. 何か作りながら読み進めれるもの
  2. Rubyの環境構築から書いてあるもの
  3. ガチな初心者っぽい人がオススメしてるもの

この3点を基準に別の書籍を買って勉強することにしました。

ただ、この基準を決めたからうまくいったかというと今になって考えるとビミョー…

そのへんも踏まえて、最初にこの本で勉強して良かったと思うものを次回紹介します。

 

アクセス数

気持ちだけですが、増えました。

やっぱり見られてるとちょっと書こうって気になる。

閲覧ありがとうございました。