I'm in the moment

1989年生まれ。大田区民。システムの営業職。リモートワーカー。趣味は読書とキックボクシング。年に1回は海外のビーチめぐり。

できるマッチョのお作法

できる経営者は他人への気配りができる

今年読んだ本の一節でとてもいいのがありました。

ただ、記憶には自信があるんですが、どうしても何の本か思い出せないんです…

書棚を探しても見つからんし…曖昧な記憶ですみません。

ある経営者が洗面台を使った際に汚れていると、掃除をしてから出ていった。

他人への気配りがとても参考になったので、それ以来マネをしている。

こんなカンジの文面でした。

自分もこのエピソードを聞いて以来、職場の洗面台が汚れてると拭くようにしました。

どうせタウパーで手拭くならついでに洗面台拭いてもソンはないですし。

それで次使う人が気持ちよければめっちゃいいですよね。

ある日のジムでのできごと

前回のブログにも書きましたが、僕はゴールドジムに通ってます。

becci-mane.hatenablog.com

設備、スタッフ、環境に総じてかなり満足なんですが、洗面台がよく濡れてます。

その度に「ホンマ使ったらキレイにしとけや…」と思ってウンザリしてました。

そんなある時、ワークアウト後のシャワーを浴びて洗面台へ。

すると洗面台が濡れてて「あぁ、もぉ…」という気分になりながらも保湿を始めました。

隣でワークアウトを終えたすっごいマッチョが洗面台を使おうとしてました。

なんとそのマッチョ、濡れてた洗面台をタウパーで拭き始めました。

自分は見てもなんら行動もしてなかったんで、その光景に驚きました。

普段職場ではやってるコトが、プライベートの場所やとできてなかったんですごく恥ずかしくなりました。

(当然ですが、その以来自分も使う前に汚れているとキレイにするようになりました)

やっぱりなんでもそうですが、他人への気配りができる人は成功するんやなと。

ビジネスの世界も筋トレの世界もおんなじやというコトに気づきました。

この記事を見た人が洗面台をキレイにするようになると、日本がもっといい国になりますね。

インプットだけでなくアウトプットも意識しよう

もうここ10年くらい読書が趣味なんですが、1000冊以上読んでます。

(400冊超えたあたりから数えることは無意味やと思った。ペース的には確実にこれくらい)

インプットに偏ってしまうと、こういったコトが起きますね。

それを防ぐためにもブログをアウトプットとして活用します。

それにしてもどの本やったか思い出せないのが悔しいっす…