I'm in the moment

1989年生まれ。大田区民。システムの営業職。リモートワーカー。趣味は読書とキックボクシング。年に1回は海外のビーチめぐり。

鍛えててよかった…ってハナシ

久しぶりになります。

やっぱ出し惜しみしちゃいかん。

ヘタな文章やとか気にせず、とりあえず書いていこう…

見やすさも大事ですが、記事を増やすことの方が大事そうですね。

社長とのなんとない会話

リモートワークは、基本オフィスに行かないので社長と「会う」機会は多くないです。

というかまぁ社長と会うって通勤する会社でも会わへんか…

自分がオフィスに行くのは、カレンダー見て今日社長おりそやな。って日だけです。

で、そのタイミングを見計らって行くので会うとランチする確率は高いです。

というか社長がランチくらいしか時間空いてません。笑

その日は近所の海鮮丼を食べに行ってました。

「しっかり体鍛えててよかったよね。小太りとかだと入社できてなかったよ」

って真顔で言われました。

なんでそんなことを言われたのか?

自分が扱う商材は、結構先進的なものです。

それを紹介する営業がなんかダサいカンジだと、イメージ戦略に合わないということでした。

確かに街中でも、オシャレやなと思う人は割りとシュッとしてる人が多いです。

逆になんかこの営業イヤやなって人は清潔感がなく、体型がたるんでる気がします。

見た目がイマイチなのも個人の自由ですが、やっぱり僕はキッチリしてる人から買いたいです。

同じような考えの方が多いのではないでしょうか?

不動産とか行ったトキ、コイツダイジョウブかよみたいな人に当たった経験はないでしょうか?

僕はそういった人はたいがい提案もイマイチで、結局違うトコロに行った経験が多いです。

見た目にこだわらない理由はなぜ?

いわゆる「日本の営業」って自分は好きでないです。

よく言う「石ころでも売れますよ」って人がいるけど、それで社会がなんかよくなりますか?と思う。

接待漬けとかも論外。足繁く通ってナンボもキライ。その分安くしろよってカンジ。

(また違う機会で書きたいけど、自分たちのコストを考えれる営業って1%くらいしか見たコトない。できる営業マンとできるビジネスマンは全然別です)

で、こういった「日本の営業」ってカンジの人はあんまり見た目がシュッとしてないです。

理由は簡単で、気合と根性でしか育ってないから。

自分が相手にどう映っているか考えるということをしない。

というよりも自分がどんな人からサービスを受けたいかを考えたコトがないんでしょう。

特に年齢層が高い人ほどこういう傾向が高く、誰も教えてくれないから下もそうは考えません。

 

鍛えててよかった…

ちょっとハナシ飛んだけど、結論この一言です。笑

たるんできたし鍛えよう…と思ってジムに通い始めた頃は転職なんて予想もしてませんでした。

鍛え始めると自分の体型をめっちゃ意識するようになります。

食事も管理しないと効果が出にくいからです。

やっぱりそうなるとお酒や不摂生は控えるし、食事の内容も変わってくる。

そしてお酒なんかよりプロテインが好きになります笑

その結果自然と体型も整っていき、見た目がシュッとします。

皆様もいずれ来る転職のチャンスを逃さないためにもカラダを鍛えてみてはいかがでしょうか?

見た目がシュッとしてから転職できたワケではありませんが、シュッとしてなかったら転職できてなかったよね。というお話でした。